スタッフブログ : ハスミワイン HASUMI WINE

ハスミワイン・ジャーナル
[スタッフブログ]

いつかどこかの稜線で 13.JUNE.2021

いつかどこかの稜線で 13,JUNE.2021

こんにちは!
ハスミワイン、蓮見真太郎です。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

関東地方も、来週あたりから梅雨入りか?
ということで、本日は貴重な晴れ間。
千葉県屈指の鋭鋒と名高い、伊予ヶ岳(いよがたけ)に行ってまいりました。


天狗さんがお住みです


登山口にある御神木の「夫婦クスの木」
平群天神社(へぐりてんじんじゃ)脇から登り始めます


道標、踏み跡がしっかりしているので、都内で迷うことはあっても、
このお山で迷う事はないはず。


途中、鎖場があったり、結構楽しい!


なんか甘い香りがするなと思っていましたら、
こんな大輪があちらこちらに咲いております。
山に咲く花はかれんでいい!


山頂の西側には、双耳峰の富山(とみさん)が見えます。
伝奇小説「南総里見八犬伝」の舞台で登場するそうです。


東京湾が輝いて見えます。晴れていれば遠く富士山まで、見渡せる絶景です。
プイィ・フュイッセのベルジッソンの岩山にもちょっと似てますね。


伊予ヶ岳の山容。なかなか立派!さっきまであのテッペンにいたのだ。
お山さん、今回も遊んでくれてありがとうございました。

次回はお客様のオーベルジュ、館山の「オステルリー アヴァンソワ」さんに
泊まってみようかな?最近、オーナーの顔見てないし。

それでは
またいつかどこかの稜線で
ハスミワイン 蓮見真太郎

 

 

[2021 06/13]