: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

ダニエル・デュモン

[ シャンパーニュ地方Champagne モンターニュ・ド・ランス(リリー・ラ・モンターニュ)Rilly la Montagne ]
ダニエル・デュモン

畑はプルミエ・クリュに指定
チョーク土壌の素晴らしいテロワール

The vineyards are classified as Premier Cru.
A wonderful terroir with chalk soil.

苗木栽培農家が造る、まろやかシャンパーニュ

Mellow champagne made by seedling farmers

6年ぶり再会のお父さん。ムッシュは相変わらず陽気だ。

I met him for the first time in six years. He is always cheerful.

ダニエル・デュモン氏は1970年代初頭に蔵元を設立。以来絶え間の無い発展を続け、現在では10ha、年産8万本強の生産。現在は二人の息子さんが蔵元を引き継いでる。主にアラン・デュモンが畑仕事、奥様のマリー・クレールがセールス関係、ジャン・ミッシェル・デュモンが醸造関係の仕事を受け持っています。
”我々はレコルタン・マニュピュランとして存続している”すなわちオーナーであり、造り手であり、商いもします。このことこそがシンプルに、そして事実を伝えることができるのです。どんな品質のブドウを使うかが一番重要で、シャンパーニュの品質は、使用するブドウ如何によると考えています。

Daniel Dumont founded the Domaine in the early 1970s. Since then, the Domaine has continued to evolve, and currently produces more than 80,000 bottles annually. The total area is 10 hectares. Now his two sons are taking over Domaine.
Alain Dumont is mainly in the field, Marie Claire is in charge of sales, and Jean-Michel Dumont is in charge of wine making.  “We survive as Recoltan Manipulans”
They are owners, builders and do business. They believe the quality of champagne depends on the quality of grapes they use.

 

搾り果汁は、基本的に収穫後3時間以内のものしか使用しない。3年分のストックをアッサンブラージュし、デュモン家のシャンパーニュの味筋に仕上げる。
すべての醸造過程を12度以下の設備で行う。
そのため、味わいは常にフレッシュ&エレガント。ほんわりとした泡立ちの
上質なシャンパーニュが生まれる。

They press grapes within three hours from harvest. Assemblage grape juice from three different years to make their champagne unique. In the winery, the temperature is kept under 12 degree Celsius, and it makes their champagne taste fresh and elegant.

ブドウは全て手摘み、「プレス」は1.2気圧のバーにより、出来るだけゆっくりと低圧で行います。その後「デボルバージュ」という、搾ったジュースを静置する作業に移ります。最後に正確な温度コントロールのもと、より良いシャンパーニュの品質を求めて、アルコール発酵に移るのです。
彼らのセラーは地下25メートルにあり、年間を通じてコンスタントに摂氏10度の好環境。

All grapes are hand-picked. The “press” is done as slowly as possible at low pressure with a bar of 1.2 atm. After that, they move on to “Devolvage”, which is to leave the squeezed juice. Finally, under precise temperature control, they move on to alcohol fermentation in search of better champagne quality.
Their cellar is 25 meters underground. The temperature is around 10 degrees Celsius throughout the year, which is the best for champagne.


ダニエル・デュモンの畑。
すべて手作業だ!

The Daniel Dumont’s vineyard.

Everything is done by hand!

葡萄の収穫時期、プレス、葡萄ジュースの静置、アルコール発酵など、ダニエル・デュモンでは急がず、ゆっくりと行うことにしています。ブドウの良さを引き出すには、なにより「ゆったりとした時間」が大切だと考えているのです。

They take time to do everything: picking grapes, pressing, fermentation, etc. They believe taking time is important to make great wines.


地下カーヴへ降りる、長い長い螺旋階段を進むミッシエル。

Michel goes down a long spiral staircase to the underground cave.

調合作業は、シャンパーニュを綿密に仕上げるため、とても重要、どのヴィンテージにするのか、どの畑、どの区画、どの品種にするかなど、入念に考えます。
ピノ・ノワールは、フランス人が考えるシャンパーニュの骨格を形成し、フルーツとキャラクターを決め、シャルドネは温かみのあるブーケとシルキーなアロマを、ピノ・ムニエは輝きとしなやかさをもたらせます。

Blending is one of the most important part for champagne making. They discuss and carefully decide the vintage, kind of vine, area of the vineyard. Pinot Noir frames the champagne and define the character. Chardonnay gives it warm bouquet and silky aroma. Pinot Meunier brings freshness.


地下カーヴに到着!

The cave!

このシャンパーニュ・ハウスの顧客は80%がフランス国内の、主に一般顧客。20%がヨーロッパ(ベルギー、イギリス、ドイツ、イタリア)。アジア地域は初めて。日本の皆様には美味しく、そしてダニエル・デュモンの「今」を感じていただけることを、切に望んでいます。

80% of their customers are from France and 20% are from Europe. Hasumi-wine is the first one from Asia.

“We hope that people in Japan enjoy the current Daniel Dumont.”


ほら、オイシイデショと言ってます。

He says, “Good, isn’t it?”