: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

ダニエル・デュモン

[ シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス北部(リリー・ラ・モンターニュ) ]
ダニエル・デュモン

畑はプルミエ・クリュに指定され、
チョーク土壌の素晴らしいテロワー

ダニエル・デュモン氏は1970年代初頭に蔵元を設立。以来絶え間の無い発展を続け、現在では10ha、年産8万本強の生産。現在は二人の息子さんが蔵元を引き継いでる。主にアラン・デュモンが畑仕事、奥様のマリー・クレールがセールス関係、ジャン・ミッシェル・デュモンが醸造関係の仕事を受け持っています。
”我々はレコルタン・マニュピュランとして存続している”すなわちオーナーであり、造り手であり、商いもします。このことこそがシンプルに、そして事実を伝えることができるのです。どんな品質のブドウを使うかが一番重要で、シャンパーニュの品質は、使用するブドウ如何によると考えています。

ダニエル・デュモン ダニエル・デュモン

ブドウは全て手摘み、「プレス」は1.2気圧のバーにより、出来るだけゆっくりと低圧で行います。その後「デボルバージュ」という、搾ったジュースを静置する作業に移ります。最後に正確な温度コントロールのもと、より良いシャンパーニュの品質を求めて、アルコール発酵に移るのです。
彼らのセラーは地下25メートルにあり、年間を通じてコンスタントに摂氏10度の好環境。

葡萄の収穫時期、プレス、葡萄ジュースの静置、アルコール発酵など、ダニエル・デュモンでは急がず、ゆっくりと行うことにしています。ブドウの良さを引き出すには、なにより「ゆったりとした時間」が大切だと考えているのです。

調合作業は、シャンパーニュを綿密に仕上げるため、とても重要、どのヴィンテージにするのか、どの畑、どの区画、どの品種にするかなど、入念に考えます。
ピノ・ノワールは、フランス人が考えるシャンパーニュの骨格を形成し、フルーツとキャラクターを決め、シャルドネは温かみのあるブーケとシルキーなアロマを、ピノ・ムニエは輝きとしなやかさをもたらせます。

このシャンパーニュ・ハウスの顧客は80%がフランス国内の、主に一般顧客。20%がヨーロッパ(ベルギー、イギリス、ドイツ、イタリア)。アジア地域は初めて。日本の皆様には美味しく、そしてダニエル・デュモンの「今」を感じていただけることを、切に望んでいます。