: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

イザベル・レイ・オーリアット

[ 南西地方 Le SUD-OUEST カオールCahors ]
シャトー・レ・ゾー・ダグラン

19世紀中頃よりワインの生産に携わる、
家族経営のドメーヌ。
新世代を代表する、「モダン・カオール」
A family-run domaine which has been making wine since middle of 19th century.
Representing new generation, “Modern Cahors”

現在は5代目の女性醸造家のイザベル・レイ=オーリアットさんが取り仕切る。

カオールの一番西の区画である、「Soturac」に蔵元を構える。多くの畑は、カオールの中でも最も標高の高い位置にあり、200メートルの高地。
ロット川の東側スロープにあり、南からの太陽を享受できる、絶好のロケーション。

完全有機農法でブドウを栽培。(認証を受けるのは2011年のヴィンテージより)
標高の高い畑と最長の日照時間を誇ることから、よりよい健全な状態で有機栽培に挑める。

一般に、「黒いワイン」と言われるカオール・・・・旧来のカオールの印象より、ずっと洗練された、高貴なワインを生み出している。
彼女のワインは、味わいの構成力と果実の凝縮感、そしてなによりも余韻の美しさと貴品がある。
高品質でモダン。次世代を代表する造り手さんである。(総栽培面積 14ha)

Isabelle is the fifth generation of the family. The winery is in Soturac, most westside of Cahors. Most of their vineyards are located at the highest elevation in Cahors (200m). These are located on the east side of river Lot. The ground is rising with the great sun exposure, which means the best for vine. They have been using organic viticultural methods, and got Organic Agriculture certification in 2011.
Usually Cahors wine is called “black wine”. However, Isabelle makes elegant, stylish, modern Cahors. (Total cultivation area 14ha)