: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

モーリス・ヴェッセル

[ シャンパーニュChampagne モンターニュ・ド・ランス ブジィBouzy ]

「構造×フィネス」

"Structure x finesse"

モンターニュ・ド・ランスは、ランス市とエペルネーの町を結ぶようにして円弧を描いた南東の斜面に広がる、素晴らしいワインを生む栽培地。この地の南部、モンターニュ・ド・ランスを代表するブジィの村に、モーリス・ヴェッセルはある。1955年創業。ヴェッセル家は5代続くvigneron。ブジィの村はGRAND CRUに指定され、このランスの山々の南側斜面に、葡萄の熟成に最適な9haの畑を所有。Mauriceさんが目を隅々まで光らせ、兄弟のDidierとThieryがこの蔵元を率いる。

Montaigne-de-Lans is a wine-growing area on the southeastern slope of the arc that links the city of Reims and the town of Epernay. Maurice Wessel is located in the village of Bouzi, representing Montagne de Reims, in the south of the area. Founded in 1955. The Wessel family is a vigneron that lasts five generations. Bhuj village is designated as GRAND CRU. They have a 9-ha field on the southern slope of the Reims mountains, which is ideal for ripening vines. Maurice observes every corner, and his brothers Didier and Thiery lead the domaine.

「私たちは職人です。冬でも毎日必ず畑に足を運び、状態を確認し、常に頭はそのことでいっぱいです。こんなことをしている最後の人間といえるでしょう。長い間、私たちは無能な時代遅れの人間だと揶揄されてきました。

それは考え抜かれた栽培方法が語られるようになる以前の話です。今日では、私達の行うことがもっとも前衛的とされるようになったのです。私たちは畑において、何が葡萄にとって良いのか、とことん考え実践します。冬の時期は畑の土をおこすのですが、きちんとやっているところは少ない(3%未満)ですね。」

“We are craftsmen. We go to the fields every day, check the condition every day, even in winter, and always have a head full of wine. We can be the last person to do this. In the meantime, we have been ridiculed for being incompetent and outdated. That is before the thoughtful cultivation method was told. Now, what we do is becoming the most avant-garde. We think and practice what is good for grapes in the field. We raise the soil in the field in winter, but there are few places where we do it (less than 3%). ”

 

“伝統”がこのRMの語る言葉の通りであるとしても、この村の教会に隣接する酒蔵は、近代的手法を排除しているわけではない。「私たちは1960年から1970年にかけて多くの投資を行いました。それは完璧な醸造を行うためです。すべてはその土地、その年の特徴をいかに引き出し、どうヴェッセルとして表現するのか。」シャンパーニュにおいて、ヴェッセル家の名は知れ渡っており、多くの受賞歴、専門家の評価は高く、そのため彼らの造りは非常に“贅沢”である。カーヴで最低5年寝かせている間も、フレッシュさとフィネスを保つために、マロラクティック醗酵はけっして行なわない。NVでもミレジムでも、熟成感があり、コクのある重厚なシャンパーニュを楽しんでもらいたい。パリジャンでも地元の人間でも、白亜質の土壌で長期間フィネスを持続する、これほどのシャンパーニュにはそうはお目にかかれない。地下4階がヴィンテージ物を寝かせるみごとなレクイエールのプライベート・セラー。

They value tradition, but they do not rule out modern methods. “We invested a lot in the 1960s and 1970s to make perfect wines. It’s important to extract the characteristics of the land, the year and how to express it as a Wessel.” In Champagne, the name of the Wessel family is well-known, with many awards and professional reputation, so their construction is very “luxury”. To preserve freshness and finesse during at least five years in the cave, malolactic fermentation is never performed. I want you to enjoy the rich and rich champagne with a feeling of maturity in both NV and Millesime. Neither Parisians nor locals find this kind of champagne, which sustains finesse for long periods of time in chalky soils. A requierre private cellar on the 4th basement floor where you can lay down vintage items.