: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

レ・コトード・コワフィー

[ オート・マルヌHaute-Marne コワフィCoiffy ]

合言葉は、「Colours Flavours,Unique,Quality」
フィロキセラで破壊された、いにしえの銘醸地が復活

The secret word is "Colours Flavors, Unique, Quality"
Ancient brewery revived destroyed by Filoxera

1、シャンパーニュとブルゴーニュの間で

Haute-Marneオート・マルヌ県、コワフィ・ル・オー村。行政区分的にはシャンパーニュ地方。ランスから南東に200キロ、ディジョンから北東へ約100キロ、コルマールから西へ150キロ。スパークリングの生産にシャンパーニュの認定はないが、繊細で非常にきれいな酒質の泡とスティル・ワインを生産している。

 

1,Between Champagne and Burgundy

Couffaie-le-Au village in Haute-Marne. It is Champagne region. 200 km southeast of Reims, about 100 km northeast of Dijon, and 150 km west of Colmar. Sparkling wines are not certified as Champagne here, though they make beautiful sparkling and still wines.

 

2、フィロキセラで壊滅した畑を再興!

地理的表示保護ワインの、I.G.P認定は2009年から。現在はパスカル・カミュ氏、

ミッシェル・ルノー氏とローラン・ルノー氏の3人で運営。

19世紀には、Coiffyのコミューンは1000人の住民を数え、242世帯のうち182世帯が250ヘクタールを超える葡萄畑を耕していた。19世紀終わりにフィロキセラによる壊滅的な被害にあい、畑を放棄。

1981年、志あるミッシェル・ルノー氏が中心となり、畑の再興に尽力。1983年から葡萄を植え始め、1986年が最初のヴィンテージとなる。まわりの畑を少しずつ買い足し、現在は16.5ヘクタール。年間生産本数は8万本である。

 

2. Revive the fields destroyed by Filoxera!

Certificated as I.G.P. in 2009. SCEA des Coteaux de Coiffy is now managed by Michel RENAUT, his son Laurent, and Pascal CAMUS. In the 19th century, the Coiffy commune had 1,000 inhabitants and 182 out of 242 families took care of 250ha of vineyards. However, they had to abandon the vineyards since these were destroyed by phylloxera. Michel RENAUT started to revive the vineyards with his friends in 1981. They started to plant vines in 1983, and 1986 was the first vintage. They bought vineyards around there little by little, now they own 16.5ha vineyards. They make 80,000 bottles year.

 

les Coteaux de Coiffy

3、独自の栽培方法、ユニークな挑戦!

彼らははただ畑を復活させただけでなく、様々な試みを実践し、独自の技術を大胆に採用している。 例えば、ぶどうの木の仕立ては、フランスのぶどう畑では非常に珍しい “Y”の形を形成。多くの利点があるという。

☆高さ2メートル付近で葉が生育するため、光合成に都合が良い

☆腰をかげめずに、素早く作業できる

☆畝と畝の間隔を広めに保つことができ、草が水を保持し吸収するため、適度な灌漑ができる

☆葡萄が土壌と接近していないため、病気に汚染される可能性が低くなる・・・

 

3, Unique cultivation method, unique challenge!

They have not only revived the field, but also tried many unique cultivation techniques. One of that is Y shaped vines. It is not popular in France, but there are many benefits;

☆Leaves grow about 2m high, which is good for photosynthesis.

☆Picking vines is easier since you do not need to bent.

☆Wide space between ridges and grasses keep the water works as good irrigation system.

☆Less possibility the vines catch disease since there are enough space between soil and grapes.

 

蔵元・・・「オート・マルヌの地の素晴らしい環境から、独自に醸したワインの色合い、

フレーバーなど。この地にしかないユニークなワインを、ぜひ楽しんでほしい」

From SCEA des Coteaux de Coiffy

“We hope you enjoy the color, the flavors, and the uniqueness of our wines from beautiful Haute Marne”