: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

ル・ミュイ・モンソジョネ

[ オート・マルヌHaute-Marne オービニーAubigny ]

「いにしえの銘醸地を復活」-ディジョン北部
この品質の高さには、驚きを感じずにはいられない

"Reviving an ancient Domaine" - Northern Dijon
Surprisingly high-quality wine.

オート・マルヌ県 Haute-Marne、ヴォー・ソ・オービニー村。 行政区的にはシャンパーニュ地方。ディジョンから北東に42キロと、場所的にはブルゴーニュに近い。
9世紀頃、ラングルLangresの司教は、オービニーAubignyの丘に、修道院を建てるように僧侶のグループに依頼した。
修道僧達は、資金確保の為、すぐにブドウの木を育て始めた。
モンソジョン一帯は、ワインの最も重要な供給源となった。
1595年にラングル市によってモンソジョン城が破壊されたにもかかわらず、この修道院のブドウ畑は何世紀にもわたって重要なままであり、その地域でのワイン生産の独占権を維持していた。しかし、産業革命と交通インフラの発達とともに、フィロキセラがこの地域に持ち込まれ、葡萄は破壊され、ワイン生産は停止。

Vaux-Sous-Aubigny, Haute-Marne. The administrative district is the Champagne region. The location is close to Burgundy, 42 km northeast of Dijon.

Around the ninth century, the Bishop of Langres ordered a group of monks to build an abbey on the hill of Aubigny. The monks began growing vines soon to secure funding. The Montsaugeon area had become one of the most important wine producing area. In 1595, Chateau de Montsaugeon was completely razed because of war though winemaking kept continue. The vineyards are destroyed by Phylloxera at the end of the 19th century.

Le Muid Montsaugeonnais

一世紀後の1989年に、モンソジョン騎士団の要請により、ドミニクとイザベル・ベルナールが中心となり、地元の人々の協力のもと、葡萄畑を再興することになる。以前は「県名表示」のVDPド・ラ・オートマルヌであったが、2009年から「地理的表示保護ワイン」の、I.G.P認定を受けている。彼らは Aubigny、Montsaugeon、Riviere les Fossesの3つの村に、約10ヘクタールの葡萄畑を開墾。1995年にChatoillenot村に約2ヘクタールを追加。 歴史が示すように、この地はワインの生産に最適である。フルーティーでエレガントなスタイルを目指して、いつも最高のワイン生産を追求している。

In 1989, l’Ordre des Chevaliers du Montsaugeonnais and the ARVEM (Association for the Renewal of the Vineyard in Montsaugeonnais) was created to revive the vineyards. It used to be VDP de la Haute-Marne, but it was certified as I.G.P in 2009. Their vineyards are in Chatoillenot, Montsaugeon, Rivière-les-Fosses and Vaux-sous- Aubigny, 13ha in total. Those areas are the best for vineyards as history shows. They work hard to make fruity and elegant wines.