: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

シャトー・ド・コワント

[ ランドックLe Languedoc マルペールMalepere ]

「アンヌ婦人が、手塩にかけて造る、
懐かしい、ロックなおふくろの味」

"The Lady of Anne builds it with salt,
Nostalgic, cool Taste of the Mother "

マルペールの産地は、ラングドック地方の西の端に位置し、ピレネーの支脈に広がっている。カルカソンの南西部、北にカバルデ、南にリムーの各生産地がある。
Ch.ド・コワントはアペラシオンの北東部にあり、大西洋と地中海、双方の気候的な影響を受けている。
石灰岩を豊富に含む土壌で、エレガンスさを備えた、バランスの良い味わいのワインを生み出している。

1964年から造り手としての生産がスタート。初代はアンドレとジャン・コワント。現在はフランソワとアンヌ・ゴロスティが体制を確立している。温度管理やステンレス・タンクの材質にいたるまで、現代的技術を積極的に導入。生産量の半分は国内、もう半分は北欧へ。アジアへの輸出も最近始まった。

Malper’s locality is located on the western edge of the Languedoc region. Spread over the Pyrenees branch. There are production areas in southwestern Carcasson, northern Cabalde, and southern Limou.
Ch. De Coint is located in the northeastern part of the appellation and is affected by both Atlantic and Mediterranean climate.
The limestone-rich soil produces a well-balanced wine with elegance.

Production started in 1964 as a maker. The first was Andre and Jean Coint. Currently, François and Anne Gorosti have established a system. They actively introduced modern technologies, from temperature control to stainless steel tank materials. Half of the production is domestic and the other half is Nordic. Exports to Asia have also recently begun.