: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

ドメーヌ・シャヴィ・シュエ

[ ブルゴーニュLa Bourgogne ムルソーMeursault ]
Domaine Chavy-Chouet

今まさに、力強く上昇中!

Right now, we are rising strongly!

ムルソーに本拠を置く蔵元。畑は、ムルソー、ピュリニー、ヴォルネー、サントーバン、ポマールを所有し、合計15ヘクタール。

ムルソーと、ピュリニーに起源を持つ古い家族により、代は々受け継がれてきた。現在はHubertユベール(6代目)とRomaric Chavyローマリック・シャヴィ(7代目)により運営されている。白ワインの新樽比率はおよそ25%。赤は、基本的に白ワイン用に数年使用した樽を使い、新樽は使わない。

Domaine based in Meursault. The fields are owned by Murseau, Purigny, Volney, Saint-Aubin and Pomar, totaling 15 hectares.

The generation has been handed down by Meursault and an older family of Purigny origin. It is currently operated by Hubert Hubert (6th generation) and Romanic Chavy (7th generation). The ratio of new barrels of white wine is about 25%. He basically uses the barrel he has used for several years for white wine, not the new barrel for red.

Domaine Chavy-Chouet

写真映りを異様に気にするローマリックは、かなりのナルシストだと見た。この蔵元さんはシャンタル・レスキュールの、フランソワ・シャベリアさんの紹介です。フランソワのところでも、良いムルソーを造っているのですが、いかんせん量が少ない。2番目に美味しいムルソーの生産者で、だれか知っている人はいないか・・・そして紹介していただいたのがココです。
ワインはけっこう固い感じで、だいぶ無口な印象。でもその奥に、キラッと光るものがありそう・・・そんなイメージの味筋です。白ワインにおいては、樽の出具合がバツグンです。畑のラインナップ良く、何しろ生産者が若い。向上心があり、自分をプロデュースしようという意思がありあり。15年前のシャンタル・レスキュールのように、今まさに力強く、上昇中!まだ付き合いが浅くなんとも言えませんが、けっこうバケソウな感じもするのが事実であります。

Roman Rick who cares about the image. This is Mr. François Chavelía of Chantal Rescue. In François, we are making good mulso, but the quantity is small. The second most delicious producer of Meursault, who knows … is here.
The wine is quite firm and quite silent. However, there seems to be something shining deep in the back … it is the taste of such an image. In white wine, the appearance of the barrel is outstanding. The field lineup is good, and the producers are young anyway. He is ambitious and willing to produce himself. Just like the Chantal Rescue 15 years ago, it’s just so powerful and rising!