: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

ドメーヌ・ミッシェル・ドゥロルム

[ ブルゴーニュLa Bourgogne プイィ・フュイッセPouilly-Fuisse ]

ドメーヌ・ミッシェル・ドゥロルムは、ヴェルジソン村に本拠を置く(マコンから10キロ、リヨンから65キロ)。小さな村だが、伝統的なワイン生産者が多く集っている。畑は4.2haがプイィ・フュイッセ、0.3haがサン・ヴェラン。すべて手摘み。100%シャルドネ。東のソーヌ河と西のグローヌ川、それに南をボジョレーの丘陵に囲まれる。もっとも標高のある所で500メートル。この地でも修道士によりワイン造りがはじめられた。そしてこのドメーヌは17世紀より、同じ一族により所有されている。プイィ・フュイッセのアペラシオン制定は1939年だが、それ以前、何世紀にもわたってワインを造ってきた。父・ミッシェルは1985年に後を継いだ。そして2008年から現在の当主、クリスチャン・ドゥロルムに引き継がれる。何代目になるかは、よくわからないという。

Domaine Michel Durolm is based in the village of Verdison (10 km from Macon and 65 km from Lyon). Although a small village, there are many traditional wine producers. In the field, 4.2ha is Pui Fuisse and 0.3ha is Saint Velan. All hand-picked. 100% Chardonnay. It is surrounded by the Saone River to the east and the Grone River to the west, and the Beaujolais hills to the south. 500 meters at the highest elevation.  Here too, monks started making wine. The domaine has been owned by the same family since the 17th century. Puiy Huisse’s appellation was enacted in 1939, but before that it had been making wine for centuries. Michelle succeeded him in 1985. From 2008, the current head, Christian Durorum, takes over. He is not sure what generation he is.


Domaine Michel DELORME

プイィ・フュイッセの畑は、250メートルあたりから350メートルの斜面、ヴェルジソンの岩山をぐるりと囲むように位置。主に南および南東向きの斜面にある。自然酵母での発酵開始。そして10ヶ月以上ゆっくりと熟成させる。この期間は区画ごとにオーク樽にて、通常はオリをゆっくりと攪拌させる。厳格な温度管理のもと、発酵および熟成をスムースに行う。10ヶ月のち、7月から8月にかけて、オーク樽からキュヴェごとにステンレスのタンクに移す。4ヶ月後、翌年の一月頃のボトル詰めまで、今しばらくワインを落ち着かせる。プイィ・フュイッセの畑は標高が高く、また様々な向きの斜面に細かく分割されている。その地形ゆえか、ぶどうの熟成具合に、区画ごとにかなり差がでるという。土壌は遠い昔は海であり、海の成分が化石化し、これも多様に富んでいる。現在この地では、格付けやプルミエ・クリュといった、テロワールの差別化をはかる手段はないが、各生産者の創意により、多様で素晴らしい品質のワインが造られている。

The vineyards of Puy-Fuisse are located around a 250- to 350-metre slope, surrounding the Verdison rocky mountain. Mainly on the south and southeast facing slopes. Start fermentation with natural yeast. Then slowly ripen for more than 10 months. During this period, the stirrer is usually slowly stirred in oak barrels in each section. Fermentation and aging are performed smoothly under strict temperature control. After 10 months, from July to August, transfer the oak barrels to stainless steel tanks per cuvée. Four months later, let the wine calm down for a while until the bottles are wrapped around January of the following year. The vineyards of Puy-Fuisse are high in elevation and are subdivided into slopes in various directions. Because of the topography, it is said that there is a considerable difference in each section depending on how the grape ripens. Soil is a sea long ago, and the components of the sea are fossilized and rich in variety. At present, there is no way to differentiate the terroirs, such as rating or premier cru, but the wines of the producers are diversified and of great quality.