: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

シャトー・ラ・レイル

[ 南西地方 Le SUD-OUEST ベルジュラックBergerac ]
Ch.La RAYRE

ハイ・パフォーマンスな銘醸地
価格控えめで、たいへん良質なワインが豊富

Inexpensive but great quality wines.

シャンパーニュの造り手、モーリス・ヴェッセル家の三男、ヴァンサン・ヴェッセル氏の蔵元。ベルジュラック地区は、ボルドー市のおよそ100キロメートルほど東。ボルドー・タイプの葡萄を使用した辛口・甘口の白ワイン、赤やロゼのワイン産地がモザイク状になり、たいへん興味深い産地を形成。南西地方全体に言えると思いますが、

価格のわりにたいへん良質なワインが豊富で、造りも丁寧

Vincent Vesselle, Maurice BESSELLE’s third son, owns this domaine. Bergerac is about 100 kilometers east of Bordeaux. Vines are same kind as Bordeaux, and vineyards are mosaiced with different kinds of vines like most of vineyards in South-west of France are. Here are many high-quality but inexpensive wines.

Ch.La RAYRE

トリュフ、セップ茸、野禽類など、豊富な食材に恵まれる。ヴァンサン・ヴェッセル氏はシャトー・ラ・レイルを1999年に設立。シャンパーニュの名家モーリス・ヴェッセル(Maurice Vesselle)家の三男に生まれたのにもかかわらずこの地でワイン造りを始めたのは、彼がボルドーの国立醸造大学にワイン造りを学んでいる時の影響による。ドルドーニュ地方の造り手ですべてを手作業で行い、すべての作業をドメーヌで作業。現代における農業醸造方法も尊重し、学び、活用するが、一方で伝統的製法(たとえばシュール・リーでのエルヴァージュ)も尊重し踏襲するバランスの良い造り手。

Truffles, cèpe mushrooms, wild birds… there are many great foods in Bergerac. Vincent Vesselle founded Château La Rayre in 1999. Although he was born as third son of Maurice Besselle, the famous Champagne winemaker, he chose Bergerac. He studied zymurgy at Bordeaux University, and that made him decide to make wines here. At Château La Rayre, everything is done by hands, and at the Château. He uses modern method and also traditional method like Élevage.