: ハスミワイン HASUMI WINE

ワイナリー紹介

シャトー・デュ・コワン

[ ロワール地方 ミュスカデ(ナント地区) ]
シャトー・デュ・コワン

最高峰の、「長期熟成型ミュスカデ」
ココのミュスカデは、クオリティーが高すぎ!

1421年創業。由緒ある貴族。以来王侯貴族に愛され続けてきた造り手さんです。「ミュスカデは安い」とおもわれがちですが、この蔵元のミュスカデは、クオリティーを高める事だけを信念として造り続けています。
2004年度版「GAULT MILLAU LE VIN」で4ツ星掲載☆☆☆☆! 数々の賞に輝くワインは世界の著名なソムリエたちもこの蔵を訪れます。「ミュスカデは安いもの」と思われがちですが、ここのミュスカデはクオリティーを高める事だけを信念として造り続けています。

ワインに共通するのは繊細で上品なミネラル分と構成のととのった旨み。そこに花や桃、梨などの果実の香り。樽熟成をしたワインはさらに複雑性が加わります。ワインとは造り手の信念と人間性が顕著に味わいに表れるものだと実感します。有機減農薬栽培・SO2最小限使用。

シャトー・デュ・コワン

コワン(コーナー、角の意味)家は、まさに2つの川が交わるところ、セーヴル川とメーヌ川が交差する場所に位置しています。本当の意味で、「セーヴル・エ・メーヌ」を名乗れるのは、ココだけなのです!